Appleから販売されている腕時計ウェアラブルコンピュータ、Apple Watch(アップルウォッチ)。

 

非常に便利なアイテムで、使用する人が増えていますが、

IPhoneに比べて歴史が浅いこともあり、使い方が分からない方も少なくないと思います。

 

その一例として今回は、アップルウォッチのベルト・バンドの外し方と付け方を解説します。

 

MEMO

Apple Watchを買ったら必ず付けたい保護フィルム。
文字盤を守るためにも、高感度&極薄で全く目立たない「NIMASO」がおすすめです!

アップルウォッチのベルト・バンドの外し方

 

外し方が分からないという方の方が多いようなので、まずはこちらから!

 

① 清潔な平面の上に Apple Watch の文字盤を下にして置きます。

MEMO

清潔な平面は「糸くずの出ない柔らかいマイクロファイバー製のクロス、または柔らかいパッド入りのマットなど」です。
わざわざそう書いているのは、傷やほこりを防ぐためです!

 

② リンクブレスレットを使用している場合は、リンクに付いている取り外しボタンを押してバンドを2つに分解します。

(リンクブレスレットの外し方は少しスクロールしたところに記載しています!)

 

③ バンドの取り外しボタンを押しながら、バンドを横にスライドさせて取り外します。

 

④ バンドを引き出せない場合は、バンド取り外しボタンをもう一度押して、しっかりと押しながら引き出します。

 

MEMO

一発で外せないこともありまうすが、力任せにやらないように注意してください!

⑤ バンドの文字が見える向きにして、新しいバンドをカチッとはまるところまでスライドさせて取り付けます。

 

リンクブレスレットを取り外す方法

 

① バタフライバックルを閉じる

バタフライバックルが開いている場合は、片側ずつ内側に折り込み、カチッとはめ込みます。

リンクブレスレットのバタフライバックルを折りたたんだところ。

 

② 取り外しボタンを押す

取り外しボタンを押します。(取り外しボタンは、ブレスレットの裏面(以下の〇の部分)にあります。

Apple Watch のリンクの取り外しボタン。

 

③ リンクをていねいに引き抜く

取り外しボタンを押しながらリンクを引き抜きます。

リンクを分解したところ。

 

④ バンドを取り外す

バンド取り外しボタンを押しながら、バンドを横にスライドさせて取り外します。

Apple Watch のケースからバンドをスライドさせて取り外す。

まとめ

 

これは僕自身、自戒を込めて書いておきたいのですが、やり方がイマイチ分かっていない段階で、「なんとなくこうやればいけるでしょ?」で無理矢理力任せにやって壊す、、

みたいなことをやってしまう方は少なからずいると思います。

 

Apple Watchの場合は特に、かなり高価なものでもありますし、取り返しのつかないことになった場合、金銭的・精神的ダメージも大きいです。

是非、気持ちが落ち着いている時に慌てずにやってみて欲しいと思います!

 

お読み頂きありがとうございました!

 

アップルウォッチに関する、抑えておきたいその他のトピックもチェックしてみてくださいね!

 

アップルウォッチ用おすすめアイテム

 

スマートな本革のこちらのバンドは、性別を問わず合わせやすいです!

 

Apple認証品のAnker製充電器は、純正にも引けを取らない品質。

価格も純正より抑えられているので、おすすめです!

 

Apple製品はAmazonで購入するとお得!



AmazonでApple製品を購入するとAmazonポイントが付き、公式サイトよりお得に買える場合があります。

さらに保証とサポートが延長される「AppleCare+」も申し込めるようになりました。

Apple製品を購入する際は、必ずAmazonもチェックしてみましょう!

Amazonで買えるApple製品一覧はこちら  
おすすめの記事