Appleから販売されている腕時計ウェアラブルコンピュータ、Apple Watch(アップルウォッチ)。

 

非常に便利なアイテムで、使用する人が増えていますが、iPhoneに比べて歴史が浅いこともあり、使い方が分からない方も少なくないと思います。

 

その一例として今回は、アップルウォッチの電源の切り方、オフにするやり方を解説します。

 

アップルウォッチは時計だけに、通常電源を入れたままにします。

だからこそ、切る必要がある時に「あれ?どうやるんだっけ?」となりがちですので、是非チェックしてみてください!

 

MEMO

Apple Watchを買ったら必ず付けたい保護フィルム。
文字盤を守るためにも、高感度&極薄で全く目立たない「NIMASO」がおすすめです!

アップルウォッチの電源オフのやり方

 

電源を切る必要がある場合は、サイドボタンをスライダが表示されるまで長押ししてから、「電源オフ」スライダを右にドラッグします。

MEMO

スライダ    「横にスライドさせるための表示」
ドラッグ 「画面に触れたまま、指を目的の場所まで移動する動作」

そこから電源を入れるには、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しします。

(はじめに、少しの間、黒い画面が表示される可能性があります)。

電源が入ると、文字盤が表示されます。

 

まとめ

 

今回の電源の切り方もその1つでしたが、超基本的で重要なことなのに、

アップルの公式サイトなどでは、一目でそれが分かるようになっていないケースがあります。

 

実際、映画館や舞台などの光る物があってはいけない場面で、

電源オンのままのアップルウォッチがホタルさながら、大量に出現する問題が起きているようです。

 

注意喚起をしている施設もけっこうあるようですが、裏を返せばそれだけ、切り方が分からない方がいるということです。

 

設定についてある程度理解しているつもりでも、光や音が不意に出てしまうなんてことは充分有り得ます。

上記のような場面以外でも、そういったケースは少なからずあると思いますので、心配な時は電源を切ってしまうことをおすすめします。

 

アップルウォッチ用おすすめアイテム

スマートな本革のこちらのバンドは、性別を問わず合わせやすいです!

Apple認証品のAnker製充電器は、純正にも引けを取らない品質。

価格も純正より抑えられているので、おすすめです!

 

Apple製品はAmazonで購入するとお得!



AmazonでApple製品を購入するとAmazonポイントが付き、公式サイトよりお得に買える場合があります。

さらに保証とサポートが延長される「AppleCare+」も申し込めるようになりました。

Apple製品を購入する際は、必ずAmazonもチェックしてみましょう!

Amazonで買えるApple製品一覧はこちら  
おすすめの記事