アップルウォッチ(Apple Watch)の充電器(USB-Cケーブル(1m))は、純正のものだと3,850円(税込)かかります。

 

また、USB-C電源アダプタは2,200円(税込)なので、もし合わせて買うとなると、6000円以上の出費になります。

 

そうなると、失くしてしまった場合や、経年劣化などにより使えなくなってしまった場合に、「他で代用(使える)製品はないの?」と思ってしまうのも無理はありません。

 

そこでこの記事では

  • 純正以外でおすすめ出来るアップルウォッチの充電器
  • おすすめ出来ないものとその理由

という2点について解説していきます!

 

純正以外でおすすめのアップルウォッチの充電器

 

結論から書くと、純正以外でおすすめ出来るアップルウォッチの充電器は、世界トップのスマホアクセサリーメーカー・Anker製のものです。

 

Anker公式オンラインストア

 

Anker製の良いところやおすすめ出来る理由としては以下のような点が挙げられます。

 

Anker製のおすすめポイント

  • 無償保証期間が1.5年(Appleは1年)
  • Apple認証品である
  • 価格は純正より安い
  • Amazonでは一番人気の充電器
  • Apple Watch7の急速充電にも対応

 

上記のような理由から、Apple製品にある程度詳しい方であれば、「純正でないなら、ほぼAnker一択!」という見解の方がほとんどだと思います。

 

そんなAnker製の充電器が売っている主な場所は以下の通りです。

  • Amazon
  • セブンイレブン(一部)
  • ドン・キホーテ
  • Anker公式オンラインストア

 

 

 

この中で、最も多くの方が入手しやすいのは、Amazonだと思われます。

また、Anker公式オンラインストアでは売り切れになっていることもありますが、

他の製品も色々見ることができるので、覗いてみるのも良いと思います!

 

 

Anker公式オンラインストア

 

MEMO

リアル店舗の場合、店舗によっては置いていないこともあるかと思いますので、
事前に直接確認されることをおすすめします。

おすすめ出来ないものとその理由

 

結論から書くと、純正のものでない1000円以下の充電器、もっと言えば¨Anker以外のもの¨は基本的にやめておいた方が良いです。

 

そういったものは、充電速度など、表向きの機能は一見問題ないものが多いです。

ですが、すぐに壊れたり、接触が悪くなったり、コイル鳴きがしたりするものが少なくないのは間違いないです。

MEMO

コイル鳴きは、電磁石コイルから電流が流れるときにノイズ音を発生することです。

 

こういった精密機械に関わるアイテムの場合、粗悪なものを使うと本体にも影響があることもありますし、

結局は「安物買いの銭失い」になる可能性が高いです。

 

出来れば純正のもの、そうでなくても今回ご紹介したような、それに近い水準のものを使うことを強くおすすめします!

 

アップルウォッチ用おすすめアイテム

 

Apple Watchを買ったら必ず付けたい保護フィルム。

高感度&極薄で全く目立たない「NIMASO」がおすすめです!

 

同じく欠かせないのがバンドです。

スマートな本革のこちらのバンドは、性別を問わず合わせやすいです!

 

Apple製品はAmazonで購入するとお得!



AmazonでApple製品を購入するとAmazonポイントが付き、公式サイトよりお得に買える場合があります。

さらに保証とサポートが延長される「AppleCare+」も申し込めるようになりました。

Apple製品を購入する際は、必ずAmazonもチェックしてみましょう!

Amazonで買えるApple製品一覧はこちら  
おすすめの記事